うつをケアするサプリランキング

うつ病になる人は年々増加傾向です。

人間関係、仕事や恋のトラブル、悩み多きこの時代は、ちょっとしたきっかけで心の不調が訪れます。

コントロールしにくい心の問題は、自分ひとりで解決するのはなかなか難しいものです。

そんな時は心の不調をケアしてくれるサプリメントに頼るのも手。

何もやる気が起きない、気分が沈んでいつも憂鬱、そんなうつ傾向をケアしてくれるサプリメントをご紹介します。

うつ病になる原因、きっかけとは?

うつ病になる原因ははっきり解明されていないので、何が原因と特定することはできません。

身体的な要因や精神的な要因、環境、そして脳内神経伝達物質の働きの低下など、あらゆる要因が重なって発症すると言われています。

ただ一つはっきりしているのは、一つの原因だけではうつ病にはならないということです。

例えば、脳内神経伝達物質の働きが悪くなっても、身体や精神が健康で環境も悪くなければうつ病になることはないのです。

うつ病のきっかけとなるのは、身体的な要因でいうと慢性的な疲労やホルモンバランスの変化、自律神経の崩れ、感染症や甲状腺機能の異常、がんなど重篤な疾患などが挙げられます。

環境の要因だと、人間関係のトラブル、就職や転職、結婚や離婚、大切な人の死や病気、財産の喪失や仕事をなくす、妊娠や出産などライフスタイルの変化などです。

そして、もっとも大きな影響を与えるきっかけとなるのが、精神的要因のストレスです。

身体的、環境の要因はうつ病の布石となりますが、それを病気へと進行させるのがストレスと言われています。

ストレスは身体的、環境の要因からくるものも多く、これらの要因によって過度のストレスを感じることでうつ病を発症してしまうのですね。



なりやすいタイプとは?

また、うつ病になりやすいタイプというものもあります。

一般的には、真面目で責任感が強い、神経質で何事も突き詰めてしまうというタイプの人がなりやすいと言われています。

こういったタイプの人は、完璧を求めて頑張りすぎてしまったり、ストレスを感じてもそれを無視してやり遂げようとしてしまいます。

そのため精神のバランスを崩しやすく、また体にも負担をかけているために、ふとしたことでうつ病になってしまうことが多いのです。

ですが、こういったタイプの人だけがなりやすいということではありません。

もう一つ、普段は元気で明るく、親切で親しみやすいというタイプや、常識を重視して軌道を外さないようにするタイプ、常に人に心配りをして自分のことは後回しにするというタイプもうつ病には注意が必要です。

ただ、ストレス社会と言われる現代では、特にどんなタイプがうつ病になりやすいとも言えません。

自分はうつ病になるはずがない、うつ病になるタイプではないと思ってしまう方も多く、多少おかしいなと感じても、うつになっていても気がつかないこともあるでしょう。

ですので原因やきっかけ、タイプなどにとらわれず、精神的にそれまでとは違うことがあったり、原因がないのに体に異常が起こったら専門の医療機関を受診してください。